趣味でやってる日本語リードメール・海外PTC・海外オートサーフ等の紹介やその他の趣味の事や日々の事をうだうだ書いております。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語リードメール 天空 より入金です。

今回で4回目の換金です。登録は7/1。
メールが結構リンク切れが多く余りポイントが貯まっていないと思ったのですが、いつの間にか最低換金額まで貯まっていたので換金申請した次第です。申請→入金までの時間も比較的早かったですね(数時間くらいですかね)。

メール配信数・サイト内PTCともそれ程多くありません。ただマニュアルサーフが多いですね。
どうやらWMの方針でメール・PTCが増えるまではマニュアルサーフを多めにしているようです。
最近はマニュアルサーフも少し減少気味。

今回は換金まで2ヶ月以上掛かりました。
やはり少しサボると換金までの道のりは遠いですね。
ぼちぼちやるしかないようです。

          
換金額
3/21 100
1/4 100
2006 200

最低払出額は100円からですが高額換金ボーナスがあり、
500P換金で+109P加算
1000P換金で+219P加算
2000P換金で+519P加算
で払出を受けれるようですよ。

日本語リードメール 天空 の基本データ
会員数:8139人
サインアップボーナス:19P
紹介ボーナス:1P(直ダウンのみ、8/31迄)
メール単価:1P~(最近メール単価が下がったようで1Pのメールは殆ど来ていません)
PTC単価:0.25P~
紹介報酬:10段階で合計30%
最低払出額:100円
対応銀行:eBANK

日本語リードメール 天空
10ku.biz

参考になりましたらクリックをお願い致します。
ranq.gif

kutulog.gif

白くつしたのナッツより入金です。

今回で8回目の換金です。今回換金申請後数時間で入金確認取れました。

3/14登録。前回の換金が1/19ですから、今回も1ヶ月強掛かりました。
メール広告・PTC数ともに普通・並といったところですが少しずつ広告増えているようです。
が、少しクリック単価が低下しているような・・・

ダウンさんも少しいますのでそのことから考えても広告数はそんなに多くないですね。
ここ数ヶ月はメール・PTC数も増えているので、これからの頑張りに期待したいです。
特に最近はリンク切れも多く少し苦戦しています。
ダウンさんのお蔭で何とか換金に至りました。ありがとうございます。

               
Date 入金額
3/8 100
1/19 100
2006 600

白くつしたのナッツの基本データ 
会員数:9340人
メール・PTC単価:0.1・0.25・0.5・1円
紹介報酬:20-3-2-1%(4段階)
最低支払額:100円
対応銀行:イーバンク銀行    

白くつしたのナッツのその他の詳細なデータはコチラ

白くつしたのナッツ

参考になりましたらクリックをお願い致します。
ranq.gif

kutulog.gif
また少し時間が経ってしまいましたが・・・。
2月に読んだ本なんぞです。

2月4日
正義を疑え! / 山口 意友
2月6日
天皇たちの孤独―玉座から見た王朝時代 / 繁田 信一
少し視点を変えてみた平安政治史。なかなか面白く読めた。藤原実資に興味を引かれた。
2月8日
秘密結社の世界史 / 海野 弘
「秘密結社・文庫クセジュ」よりは読みやすく内容もわかりやすい。
2月10日
『葉隠』の武士道―誤解された「死狂ひ」の思想 / 山本 博文
葉隠を読んだことが無いのでどんなものかな?という思いで手に取った本。このような考えもありかなとも思う。
2月13日
法華経入門 / 菅野 博史
「大乗経典はある種の優れた宗教文学」だそうで一度対訳を読んでみようかなと思う。
2月15日
無宗教からの『歎異抄』読解 / 阿満 利麿
宗教を考える上での常識と日常生活での常識とは違う。そしてその差異が大きければ大きい程、宗教に対する疑念が生じる。ということなのでしょう。
古本屋の女房 / 田中 栞
著者の本に対する「愛」の深さが感じられて面白い。古本屋めぐりのくだり、妊娠中・幼子を連れての行動一寸尋常ではないなと思いながら読む。何かロードムービーを見ているみたい。
全編を通して面白く読めた。だけど一箇所気になったことがあった。古本屋めぐりの中で、話の内容から考えれば「阪堺電鉄(車)」だと思うのだが「阪神電鉄」となっていた。僕の理解が足りず読み間違いならいいのですが・・・・。
2月17日
故事成語でわかる経済学のキーワード / 梶井 厚志
少し風変わりな経済学の入門書。やや強引かもしれないが、面白く読めた。
2月18日
石神井書林 日録 / 内堀 弘
「古本屋・古本」のディープな世界を堪能。それにしても皆さん博識です。また本書に出てくる「東京外骨語大学」なかなか面白そうでいいです。
2月20日
ナショナリズムの練習問題 / 井崎 正敏
普段あまり考えることのない「ナショナリズム」について考えるために読んだ本。
2月23日
ブッダは、なぜ子を捨てたか / 山折 哲雄
表題に惹かれて手に取った本。信仰のために出家し家族を捨てるというのはどんな気持ちになるのだろうか?僕には思いも及ばない厳しい世だな、本当に。
2月27日
まるごと好きです / 工藤 直子
人に対するとき、「まるごと好きです」という風な気持ちになれれば良いなと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。